親子でクッキング講座

今日は、地域の公民館で行われていた
親子クッキング教室に参加してきました。

 

私は5歳になる息子と一緒にいきました。
幼稚園が冬休みで退屈していた彼は大喜び。
エプロン姿もさまになっていると思うのは、親バカでしょうか。

 

作ったメニューは、炊き込みご飯とじゃがいものお焼きとすまし汁。
それからデザートにフルーツポンチというとっても豪華なものでした。
メニューも市町村から派遣されてこられた栄養士さんが考えてくれたもので
素朴な味付けだけれど、バランスのとれたおいしいものでした。

息子は、ゆがいたじゃがいもをまるめて、お焼きの形を作る係。
とても張り切ってやっていましたよ。
家でもさせてあげたいんだけれど、どうしても時間がなくて
お手伝いさせることが少ないのでもっと一緒に
キッチンに立つ時間を作ってあげないといけませんね。

 

それから、フライパンでお焼きを焼きました。
ひっくり返すのもやりたいと主張する息子。
やる気満々なのはとてもいいことで私も頼もしいです。
だけど、やけどしそうでハラハラ。見守るのも大変なんですね。
出来上がったご飯はとてもおいしくて、私も子供もたくさん食べました。
楽しい冬休みの思い出も一つができたと思っています。
また参加したいな。